【ロコルのインディゴブルー】の罠にまんまと引っかかった僕ちゃんの話。




 

ぬわぁぁぁああぁあぁあ!!!!

 

 

 

 

やってしまった。。。

 

完全にこれは失態である。

 

僕の仕事はお客様のヘアスタイルを綺麗にする事。

 

何を使って綺麗にするかだって?

 

そんな物は決まっている。

 

お母さんが僕を産み落とす時に授けてくれた立派な両の手に決まっているじゃないか。

 

とゆう事は

美容師は手が命。

 

 

今ではめっきり聞かなくなったが、昔CMで

 

芸能人は歯が命

 

というフレーズの完全なるパクリフレーズである。

 

手が大事なのに、、、なのに、、、

 

nanoni、、、、

 

こんなに手が青いのは由々しき事態ではないのでしょうか??

 

 

 

 

 

こんな手の色をしていたら、お客様をびっくりさせてしまうかもしれない。

 

とゆうか、びっくりするどころが普通に気持ち悪がられるかもしれない。

 

 

お客様

え、アバターの人ですか?」

いえ、アマノーの人です。」

 

 

なんてくだらない茶番で終われば満点花丸大吉なのだが、世の中そんなに自分に都合良くは出来てないはず、、、

 

 

 

 

やってしまった事を後悔しても仕方がない。

 

それより、次からは同じ失敗を繰り返さない為にも

 

何故、いつ、どこでそうなったのかを明確する事の方が大切なはず。

 

よし、、少し今日という日を少し振り返ってみるか、、、

 

 

そういえば午前中にパーマとインナーカラーをしたいと言ってたお客様が来店してたなぁ、、、

 

 

カラーの履歴があり、パーマを当ててインナーカラーを入れたいというオーダー。

 

 

 

ズボンがかなりダメージしてたので

 

何か大変な目にでもあったんじゃないだろうか?

 

と心配したがどうやら何の目にもあってない様子。

 

まずはパーマをあてる為にカットをし、

 

 

 

そしてパーマをあてる。

 

 

そうそう。

 

確かこれくらいの

スタイリングも簡単に出来るくらいの良い感じのウェーブに仕上がったんだった。

 

 

 

そしてその後は、、、

 

 

インナーカラーを入れる部分にまずはブリーチしたんだった。

 

 

 

パーマとカラー両方したら長い時間かかるから、お手洗いとか大丈夫ですか?

的な紳士的な言葉を確か投げかけたハズ。

 

その後は、、

 

ロコルのインディゴブルー

 

という、

 

めちゃくちゃ発色が綺麗でめちゃくちゃ色持ちが良く、めちゃくちゃカラーチェンジしにくいカラー剤をシャンプー台で塗ったはず。

 

 

 

その後シャンプーをして、全体のヘアカラーと、インナーカラーにさらなる深みを塗り足して、、

 

 

スモークブルーとインディゴブルーのパーマスタイルを完成させたんだった。

 

 

 

半乾きでスタイリング剤を揉みこんでもヨシ、完全ドライでスタイリング剤を揉みこんでも決まるお手入れも簡単なスタイル。

 

 

 

確かこんな仕事を午前中はしていたハズ、、

 

 

 

 

、、、、。

 

 

手が青く染まるタイミングなんてあったか、、、?

 

 

、、、、。

 

 

あ、、、、!

 

 

分かった!

 

 

ここや!

 

 

ここやん!!!

 

⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎

手袋見当たらんかったから思わず素手でロコル塗った時に手がアバターになってもうてるやん!!

 

 

 

 

うぅ、なんて初歩的なミスを犯してしまったんだ僕は、、、

 

 

お客様を綺麗にする事も大切ですが、自分自信の美しさも保つよう、これからはさらに最新の注意を払いたいと思います。

 

 

 

 

しかしこれはグロいな、、、

 

マジで気をつけよう。

 

 

 

 

髪の相談、ご予約等はこちらのLINE@をクリックして気軽にご利用下さいませ。

友だち追加