胸を張って書いた話。




 

先日、twitterを見てると、久しぶりに

水野敬也さんがブログ更新されておりました。

 

水野敬也さんとは小説家で「夢を叶えるゾウ」や「ラブ理論」などなど様々な本を出版されている僕が尊敬してる作家さんの1人です。

 

僕31歳の誕生日からブログを書き始めたんですよ。

 

今とは違い、とりあえず毎日更新しようと思い中身がゼロでもとりあえず書いて更新。

 

いや、今も中身あるブログなんて書いた事ほぼ皆無なのですけど、まぁ頑張って書いてたんですよ。

 

当時弁護士を目指して猛勉強中の友人がいまして、その子とラーメン食べに行ってたんですよね。

 

その友人がけっこう本とかも読む人で、自分自身でも昔からブログを更新してるし、アドバイスがてらに水野敬也さんのブログを紹介してくれたんですよ。

 

この人のブログ面白いよって。

 

僕としては美容師さんのブログくらいしか見てなかったので、果たして小説家の方が書いたブログってどんな物なんだろう?

 

ってラーメン食いながら読み出してみると、

 

第1話目のタイトルが

 

 

 

 

【オナニー事件】

 

 

 

 

だったんですよ。

 

すみません、

 

一回話止めますけど、

 

僕すごくないですか?

 

中々美容師がオナニーって文字をブログに書けないと思いませんか?

 

せいぜいオ○ニーマスタベイション

オニャニャーが関の山くらいだと思うんですが、

 

僕すごくないですか?

 

なんならこのブログは電車の中で見知らぬ綺麗な女性の隣で書いてるんですが、こんな近い距離で

 

オナニーって文字に起こして書いてる僕すごくないですか?

 

 

 

すみません、話に戻りますね。

 

で、水野敬也さんのブログを読んで行くと、まぁタイトルがタイトルやっただけにその話は下ネタがメインの話になってるんですが、とても面白いんですよ。

 

面白いからドンドンと他のブログも読み漁って行くと

 

涙が出る程感動するブログもたくさんあるんですよ。

 

面白いし、とても素敵で感動する話もたくさんあり、僕はみるみるハマっていきました。

 

いつしかこんな風に文字を書けるようになりたい。

 

誰かに笑ってもらえて、誰かが感動するような文章を書いてみたい。

 

そう遠くない未来に親や友人や愛する者の為に感謝の手紙を描く時が来るかも知れない。

 

僕の職業的には全くブログを書く必要はないです。

 

がしかし

 

目の前で素晴らしい事言われるより、文字で見て自分で読んだ方が何回も読み直せるし、心に残るんですわ。

 

僕が生きた証として何かを残すなんて仰々しい事は思いませんが、

やはり何かを誰かに伝えるスキルの一つとして文章を書く事が出来るのはとても良いと思うんですよね。

 

そう思い、最近では週1〜2回ペースぐらいでブログは更新し続けているのですが、

 

今回のブログでやっと

 

オナニー

 

と胸を張って書けるレベルに達する事が出来ました。

 

自分のブログでオナニーって書いて、

 

俺オナニーって書けるようになったぞ!

 

って思ってる事がすでにオナニーなんですけどね。

 

良かったら水野敬也さんのブログはとても面白いので、皆様も読んでみてください。

 

 

 

 

髪の相談、ご予約等はこちらのLINE@をクリックして気軽にご利用下さいませ。

友だち追加