真鍋遼太郎。

 

僕の事を唯一「かっつん」と呼ぶ奴がおりまして、

僕は彼の事を「なべやん」と呼んでおります。

 

なんでそんな呼び方になったのかは、

今となってはあやふやなんですが、3年前くらいかなぁ

 

その辺りから仲良くなったんですよね。

 

同じ酒好きで、家も近いし、ミスチルも好きだし、よく飲みに行くようになってからは

 

「かっつんが居酒屋で頼む物は全部分かる。」

 

と言われるくらい仲良くなったんですよ。

 

彼の方がどう思ってるか分かりませんが、

 

僕にとってはかけがえのない親友にまでなっちゃったんですよね。

 

彼は昔からTwitterが大好きでして、出身は大分で、東京で働いて、その後結婚して大阪に住んでたんですよ。

 

ネット上では冷たく、口が悪いですが、

リアルで会うと中々人間クサイ奴でして。

 

彼の人柄と、そして美容師としての凄さもありまして、

全国に彼を慕う美容師さんがたくさんいるんですわ。

 

僕に対してあまり良い印象を持っていない方達に

 

「かっつんネットではマイナス情報ばっかだけど会うと良い奴だよ。」

 

当時は、

え、なんで天野って奴と仲良いの!?

 

なんて良く聞かれていたそうです。

 

しかし、彼のお陰で色んな全国の美容師さん達と繋がる事が出来、

 

今では【天野会】とかいう訳の分からない会の会長にピエロとして君臨する事が出来ました。

 

今年は名古屋に行こうよ。

 

今年も花見しようよ。

 

ここの店美味そう、今度行こうよ。

 

あ、新年会まだやってないわ。

 

そんな未来の楽しい事を考えている時に、

 

未来の事を考えさせるLINEが来ました。

 

 

 

「真鍋君が脳出血で倒れて意識不明らしい。」

 

え。

 

ええええ。

 

 

ちょうど倒れた日の3日前に2日連続会っていたので、全く信じられませんよね。

 

幸い脳の手術は無事に終わったんですが、

 

心臓と腎臓が大変弱っていると。

 

うーん。

 

うーん。

 

うーん。

 

全くリアルに感じられませんでした。

 

しかし、根拠は無いのですが、

いけるだろうと思ってました。

 

あいつはすぐに復活するよ。

 

そして、この事をネタにして、僕達の前に笑顔でやってくるさ。

 

人間、思うようにいけば全てが幸せに終わるのですが、

 

数日後、無情にも僕達には信じがたい事実を突きつけられました。

 

脳の腫れが治らない。

 

このままでは時間の問題かもしれない。

 

営業中の僕の目に写ったモノは全く持って信じがたい内容でした。

 

涙が止まらない。

 

息を吐くかのように涙が出る。

 

頼む。

 

今は仕事中なんだ。

今いらしてるお客様に迷惑をかけたくないんだ。

 

僕の目よ!

 

 

時刻は13時過ぎ。

 

面会時間は14時〜15時のみ。

 

僕は奇跡的に手が空きました。

 

15時からは予約のお客様がいたので、それまでに帰ってきたら、充分に面会出来る、、!

 

今となっては本当に奇跡のタイミングだったんでしょう。

 

面会と言っても、意識はありません。

 

しかし、

 

万が一。

 

億が一。

 

兆が一。

 

 

生きてる時に会えるのはもしかしたら最後かも。

 

そう思うと居ても立っても居られず、オーナーに事情を説明し、

面会に行きました。

 

少し離れた病院だったので、タクシーで行っても30分ちょっとはかかるので、

面会出来る時間は多分10分くらい。

 

それでも今行かないと、一生悔いが残るかもしれない。

 

慌ててタクシーに乗り、出来るだけ飛ばしてもらい、病院へ。

 

命の危険がマックスレベルなので、

 

「面会は親族しか入れないかもしれません。」

 

と聞いていたので、受付患者との関係を聞かれた時は

 

「家族です!!!」

 

と、はっきり言ってやりました。

 

後日聞いた話によると、

別に家族と言わなくても入れたっぽいので、

今思うとめちゃくちゃ恥ずかしい思いをしたのはここで吐き出しておきます。

 

 

病室に入ると、彼は寝てました。

 

いやもう、ほんと寝てました。

 

驚くほど普通のように寝てました。

 

なぜかは分かりませんが、

きっと大丈夫だろう。

 

君が死ぬとかありえない。

 

僕は君が復活するのを待っている。

 

わずかな面会時間でしたが、僕には僕を待ってくれてるお客様がいるので、

一目散に帰りました。

 

もちろん帰りのタクシーの中ではもう色んな所がズルズルです。

 

彼の人間性もあり、

全国で100人を超えるなべやんの為のLINEグループがあるのですが、

そこで近況などを聞いておりました。

 

 

みんな応援メッセージや、毎日

 

おはよう!

 

早く起きてくださいよ!

 

何寝てるんですか!

 

真鍋さんに言いたいことたくさんあるんです!

 

真鍋さんが好きな野球始まりますよ!

 

 

 

あなたは、命の危険に晒された時、

瞬時に100人を超える人間が一致団結して心配してくれる自信はありますか?

 

僕にはありません。

 

改めて彼の世の人々からの愛され方を知りました。

 

そこからは、

 

祈るようになべやん個人にも僕はLINEしてました。

 

ぐっも。

今日もがんばるんやで。

俺は仕事行ってくるわ。

次の月曜行くから気張れよ。

あんた今年は名古屋行くんやからな。

 

 

復活したらお互い恥ずかしくなるような感じで。

 

そこから数日が経ち。

 

LINEの既読は付かないまま

今朝、なべやんは亡くなりました。

 

34歳。

同い年です。

 

朝起きて、今日がツインテールの日だから、

 

インスタにもツインテールの写真をあげて、

 

彼個人にも頑張れよって意味合いで写真を送って

 

 

 

 

 

風呂に入って、出てきた時には

 

LINEで死亡の通知が送られてきておりました。

 

僕は今日の日ほど、涙を抑えた日はありません。

 

しかし、抑えたせいか分からないですが、

 

このブログは仕事終わりにずっと泣きながら書いてます。

 

なんなら声も出てます。

 

マジで。

 

こんなにも、僕の中で彼は大きい存在なのです。

 

いつものブログのようにボケれ無いのです。

 

なんなら、

僕のツインテール姿を見てびっくりしたせいかもしれません。

 

ごめんなさい。

 

僕が彼に送る最期のLINEは、このブログのURLでしょう。

 

 

 

君に会えてよかった。

本当に良かった。

もっと色んなところに行きたかった。

楽しい事をしたかった。

子供を見せたかった。

酒を酌み交わし、中身のない話ももっとしたかった。

君が全く足りてない!

 

 

 

僕は君が居なくなっても、

変わらない毎日を過ごし、

君が好きなサロンワークを楽しみ、

お客様に喜んで頂き、

そして

 

君の分まで幸せになる。

 

君が最期にツイートしていたGLAYのスペシャルサンクス。

 

あれ、君にとっては最後の歌だけど、

僕にとっては忘れられない始まりの歌になりそうだ。

 

いつか誰かと結婚したら、僕はきっとそれを流すだろう。

 

君に出会えて本当に良かった。

 

 

 

彼のノート。

 

ここに彼の全てが詰まっているかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

髪の相談、ご予約等はこちらのLINE@をクリックして気軽にご利用下さいませ。

友だち追加