throwのsmokeとwhiteを〇〇したらシャレになんない話。




こんにちは。

 

あまっぺです。

 

最近馬鹿の一つ覚えみたいに

 

throwのsmokeヤバイ!

 

 

throwのwhite綺麗!

 

 

などと連呼しております。

 

いや、これマジで綺麗なんすよね。

 

 

 

 

当店も最近導入して、お客様に提供させて頂いたのは良いのですが、、、

 

 

僕は1つのある事に気付いてしまいます。

 

 

 

 

 

もしかしたら他の方は、この理に気付かないのかも知れません。

 

 

この理に気付かないまま年を取り、気が付いたら定年を迎え、年金生活に突入し、

 

我が人生に悔いなし

 

なんて事をポロっと呟いても、

 

その頃にはジェネレーションギャップが凄すぎて、

 

なんかウチのじいちゃん遂にわけわからん事言い出したわ

 

なんて事を孫がポロっと言い出して、ボケ老人扱いされるやもしれません。

 

「北斗の拳という漫画があって、その中にラオウというキャラクターがいてだな、、」

 

 

みたいな事を言っても、孫は聞く耳も持ってくれない余生を過ごす事になるかもしれません。

 

でも、、僕は違うんですよね。

 

 

僕は気付いてしまったんです。

 

 

え、何故気付いたかって?

 

ははは。

 

そんなの答えは簡単です。

 

 

僕は優秀だから

 

 

優秀だから気付いてしまうのです。

 

 

さて、出し惜しみはそろそろやめましょうか。

 

そろそろ僕が何に気付いてしまったか皆様にもお伝えしましょう。

 

僕が気付いた事はこちら、、、

 

 

 

 

これよ!これ!

 

この気付きこそが、僕の優秀たるや所以なのです。

 

ではここから先は実際にご覧頂きましょう。

 

 

Before

 

 

過去にトップからハイライトと、毛先にブリーチでグラデーションカラーのベースを作っているので、退色するとこんな感じ。

 

smokeとwhiteはメインのカラー剤の補助的な役割として使います。

 

今回のカラーのメインはblueです。

 

ブルーをベースに抜群なくすみ感がある透明度の高いカラーを作っていきます。

 

 

 

 

根元、毛先とカラーを塗り分け、20分程放置。

 

シャンプーして乾かした状態がこちら⬇︎

 

 

 

 

むう、、、。

 

想像以上に綺麗です。

 

いやぁ、優秀で良かった、、、

 

優秀だからこそ気付けて良かった、、、

 

おっと、感傷に浸っている場合ではございません。

 

アイロンで巻いてスタイリングしてみました。

 

 

これが【ホワイトブルースモーク】

 

 

 

むう、、、。

 

 

外で観るとなお綺麗ですね。

 

 

 

全体的にブルーがかったカラーがめちゃ綺麗です。

 

 

 

この美しさはsmokeとwhiteのお陰ですね。

 

 

こちらの方はいつも来てくださる方なので、

少しだけお願いしてみました。

 

 

他の背景でも撮らせて下さい

 

 

さっきはグレーのシャッターの前で撮らせて頂いたのですが、今度は白壁で。

 

 

カラーは背景の色や、光の当たり方で見え方が全然違う変わります。

 

 

 

どっちの背景で撮ってもかなりイケてるんじゃないかと、、、

 

 

 

smokeとwhiteを混ぜ合わせたカラー

 

綺麗過ぎてシャレになんない

 

ビフォーアフターでも見て見ましょう。

 

 

 

 

今年の秋冬カラーに超オススメなので、良かったら是非御参考に。

 

 

 

 

髪の相談、ご予約等はこちらのLINE@をクリックして気軽にご利用下さいませ。

 

友だち追加

 

 

インスタグラムはこちらから