大学生とかめっちゃええやないすか

つい先日、今年の春から大学生になるお客様が来店し、

 

いや、もうどんな感じになるかドキドキですわ〜

 

みたいな話をしていた時に

 

もうかぶせ気味な勢いでつい言葉が出てしまった。

 

 

大学生とかめっちゃええやないすか

 

 

お客様は

え?そうすか、、!?

 

みたいなリアクションを取られたが

そんな物は当たり前田のクラッカーなんて騒ぎでは無く

当たり前田のクラップユアハンズアップだ。

 

 

もうこれ以上勉強したくない!

 

という想いもあり、

美容師という己の腕を磨くという、

 

脳から腕へと自分に対する負荷のかかる位置を変えた分際で

 

大学生羨ましいとかいうのは

 

おこがましいにも程があるのは分かっているのだが、

 

それでも僕は思う。

 

 

大学生めっちゃええやないすか

 

 

よく、最終的に1番お付き合いがある友達は

最終学歴の友達とか良く耳にする。

 

大学に行っていたら、大学の友達。

 

専門学校に行っていたら専門の友達。

 

僕の最終学歴は専門学校なのだが、

昼間では無く、通信だった為、そんなに気の合う友達は出来なかった。

 

高校の時は自分で言うのもなんだが、

すでに空気が出来ていた。

 

少々僕がしょうもない事を言ってもスベらず、

誰かが笑ってくれる環境。

 

そう、これは高校3年間という中で

自分が比較的滑らないフィールド作りというものが出来ていたので、

スベっても逆に

 

スベリ過ぎて面白い

 

みたいななんだか訳の分からない空気に持っていける。

 

これこそがホームの力である。

 

 

しかし、一旦ホームから出ると、

 

周りは僕の事を知らないし、

 

なんなら僕は愛想笑いも出来ないようなやつだったので、

 

本当は全然ダルくないけどなんか常にダルそう

 

という身振りしか出来なかった。

 

なんか常にダルそうで通用するのは

 

高身長イケメン

 

オシャレイケメン

 

実はジャニーズに属してますイケメン

 

X-MEN

 

くらいの者であろう。

 

じゃああの時の自分はどうしたら良かったのか?

 

どんな自分だったら良かったのか??

 

答えは簡単である。

 

笑顔が絶えない、キチンと挨拶が出来る奴であれば、

通信学校でも比較的学生生活のスタートダッシュを決めれたであろう。

 

 

じゃあ

そんなアンサーを用いた今の僕が今年の春から大学生になったとしよう。

(大学生になった事が無いからただの想像だが)

 

今年は色んな事があって、入学式とかは無いとして、

 

まぁ大学がどんな所かは分からないので、

 

とりあえず楽しそうなサークルとかには片っ端から顔を出して愛想を良くしよう。

 

大学内で何者にもなっていない者が

いきなり自分でコミュニティなんて作れないので、

まずは今ある自分に合ったコミュニティを見つける。

 

 

そしてコミュニティ内だと、

年齢を問わず比較的男女問わず話かけやすいので仲良くなりやすい。

 

仲良くなった人が大学内に増え出すと、

学校内で笑顔で楽しく過ごす事が増える。

 

笑顔で楽しく過ごす事が増えると、

僕とは喋った事ないけど、第三者が

 

「なんかあの人いつも楽しそうだね」

 

となる。

 

人は楽しそうな人や事に惹かれやすい。

 

第三者からなんか楽しそうな人というポジションをゲット出来ると、

話かけられても嫌がられにくくなる。

 

嫌がられにくくなると、

 

友達グループと喋ってる時に、

 

「あの子さ、超可愛くない??

あんな子とどうやったら友達になれるんやろうなぁ」

 

みたいな話になる。

 

その時に、

 

「おけ、俺ちょっと話かけてみるわ」

 

となる。

 

 

同じ大学内だから話題も豊富にあるし、

あ、あのいつも楽しそうな人というポジションであるが故に

話を聞いてくれやすくなる。

 

次第にその超可愛い子と仲良くなり、

その女の子達のグループと合同で遊ぶようになる。

 

夏とかになると、

みんなで一泊で綺麗な海とかに行こうぜってなる。

 

 

宿泊先で超可愛い子といい感じになる。

 

 

超可愛い子と、二人でちょっと喋ろうぜってなり、

良い雰囲気になる。

 

 

(これはもう完全にイケる流れでしかない、、、!)

 

 

そう思った矢先に質問される。

 

 

「ずっと想ってたんだけど、、、

聞きたい事がある、、、」

 

 

(キタコレ!!!)

 

 

となる。

 

 

「あのさ、、、

 

 

天野君って、、、、

 

 

、、、、何才なん??」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「今年36やで。(即答)」

 

 

「うわ!やっぱり!!!

 

ジジやん!!!

 

うちらの倍くらい年齢いってるやん!!!!

 

マジ無理なんだけど!!!」

 

 

と言われる。

 

 

このように大学内の女の子には

ジジイ呼ばわりされる始末になり、

 

仲良くしていたメンズ達も、

 

あ、、天野さん、、おはようございます、、。

 

みたいな感じで急になんかよそよそしくなり、

急に大学内に同い年みたいな感じで近づいてきた

今年36才がマジキモいみたいな噂が流れる事は

容易に想像出来る。

 

という妄想を踏まえ、

 

僕にはもう転生して人生やり直さないと

 

今のようなキャンパスライフは送れないので結果

 

 

大学生めっちゃええやないすか

 

 

となるのである。

 

 

いつの時代にもきっと何かある。

 

今年はたまたま病気が流行っているが、

来年にはまた違った何かが起こるだろう。

 

長い歴史を見ると、

このような世界混乱が起こっても、

いつかは世の情勢は回復する。

 

いつ回復するかは誰にも分からないけど、

 

新生活という、新たなるステージを踏む方は特に

今を悲観するだけでは無く、

 

物事なんて後付けでどうとでもプラスに考えれるので、

 

大変な時期ではあるが、

どうか楽しく過ごして欲しい。

 

 

 

 

髪の相談、ご予約等はこちらのLINE@をクリックして気軽にご利用下さいませ。

 

友だち追加